2008年04月11日

クランク攻略法

クランクは、S字クランクとL字クランクがあります。

Lクランク

どちらも非常に微妙なラインどりとゆっくりしたスピードで走らないとコース幅にとったパイロンに接触してしまいます。

私は、どちらかといえばL字クランクのあとのコーナーの右曲がりが苦手でした。

人によって右回りか左回りのうちで得意な方とそうでないほうがあるとおもうのですが、私は、右回りで少し調整を間違うと右下の小さなパイロンに引っ掛けてしまいました。

自分でのこのクランクでの走破法は、半クラッチをつかってほんとうにゆっくり走るでした。

L字クランクは、特にそうでした。

バイクの向きを変えるときは、ほぼ失速状態で傾けて向きを変えて、かえるや否や少しアクセルを開けてどうにか起き上がるという感覚です。

ここまでゆっくり走行するとコースになれていなくても慎重にコースどりが可能なのでパイロンに接触は、なくなりました。

S字クランクの方も進入時は、得にクラッチを完全に切って倒れ込むように進入してほんとうにゆっくりとバイクの傾きを一定にできる最小のスピードで走りました。スピードで出そうになるとすぐクラッチで調整して一定の速度で走りました。

そうすると前を見ている限りコースどりを間違うことはなく走破できます。


posted by ビックバイク at 18:36| Comment(0) | クランク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。